Add Me!Close Menu Navigation

テクノロジー、コミュニケーション、イベント&コミュニティと、新しい文化について。

Add Me!Open Categories Menu

TEDやJobsも良いけれど日本人にはこんなプレゼンが向いているのかも:1203 Prezi Meet upのお誘い(学割もあるよ)



…と思わせてくれるようなプレゼンを見に来ませんか?(というイベントのお誘いポストです。)

*2011/12/4追記 Prezi Night無事終了しました。イベントの「まとめ」こちらから。



スティーブ・ジョブスや、TEDで楽しむことができるプレゼンは本当に素晴らしい。素晴らしいプレゼンは、
「不可能が可能になるんじゃないか」とか「世の中が本当に変わるんじゃないか」とか思わせれてくれる。流動的な社会では、信頼関係がプレゼンから始まることも少なくないだろう。

さて、そのエッセンスの少しでも自分のものにしていただければ、という思いからこんな記事も書いたが、自分で実践してみるとなかなか難しい。

その理由のひとつが、日本で参照され絶賛されるプレゼンのほとんどが、「英語」だからではないだろうか。
単純に日本語に翻訳すれば良い、ということではない。
英語のプレゼンや売り込み資料を翻訳したことがある人には経験的にご理解いただけると思うが、そのまま訳しただけでは、断定的で、押し付けがましく、聞き手がちょっと引いてしまうものになってしまうことは少なくない。

プレゼンは単なる一方通行のメッセージ発信なのではなく、文化的で、双方向の営みだ。
コール&レスポンスの文化があり、自己主張する訓練を受けているアメリカ人にプレゼンするのと、日本人に日本語でプレゼンするのでは全く異なる。
だからこそ、TEDのプレゼンを真似するのではなく、「日本的」なプレゼンを、改めて考えていかなければいけない、と思っている。

さて、そんなことを考えているとき、元マイクロソフトで、現在は独立されてコンサルティング会社を経営、Preziで始めるズーミングプレゼンテーション
の著者である筏井氏のプレゼンを見て衝撃を受けた。というか、思わず何度もニヤリとした。。。川 ̄ー ̄)

「昨今提唱されているジョブズ流のプレゼンは、買うのか、買わないのか決めてくれ!と選択を迫るもので、日本人には乱暴に聞こえる場合がある」

と筏井氏。
では、どうしたら、日本語のプレゼンで聞き手と信頼関係を構築することができるのだろうか?

それはやっぱり、一度筏井氏のプレゼンを生で見ていただく他はない!

ということで、お誘いです。

TechCrunchに「過去に見たなかで最高のプレゼンテーション・ツール」と呼ばれたPreziのMeet up “Prezi Night”が開催されます!

詳細はコチラ

プレゼン・ツール、Preziの使い方も学べて一石二鳥!
特に、就活等で自己表現しなければいけない学生さんにも来て欲しい、ということで、学割(¥500!)も用意してもらいました。通常は¥1,000です。

ちなみに、PreziはFacebook上に、ユーザーグループがあります。
便利な使い方や、アップデート情報の翻訳、Q&A等をボランタリーベースで更新、必要な際はPrezi社に直接問い合わせたりしています。

お手伝い皆さま会場でお会いしましょう!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Posted By nshoji

2 Responses to “TEDやJobsも良いけれど日本人にはこんなプレゼンが向いているのかも:1203 Prezi Meet upのお誘い(学割もあるよ)”

  1. ブログ更新! TEDやJobsも良いけれど日本人にはこんなプレゼンが向いているのかも:1203 Prezi Meet upのお誘い(学割もあるよ) http://t.co/DMSZuW7x

  2. ブログ更新! TEDやJobsも良いけれど日本人にはこんなプレゼンが向いているのかも:1203 Prezi Meet upのお誘い(学割もあるよ) http://t.co/DMSZuW7x

Leave a Reply




WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Search / 検索

Archives / アーカイブ

Comment / コメント

Category / カテゴリー