Add Me!Close Menu Navigation

テクノロジー、コミュニケーション、イベント&コミュニティと、新しい文化について。

Add Me!Open Categories Menu

ソーシャルメディアの「ソーシャル」って何だ? 1


A little trip to Macau / SLPTWRK

  • マカオのカジノはソーシャルだ!

以前マカオに行ったときに、「カジノ建設のコンサルティングをやる」という投資銀行(?)のオジさんと話をしたことがあった。

「ラスベガスの手法でカジノを作ると失敗するのさ。何故か分かるか?中国人にとっての賭博というのはとても”ソーシャル”なものなんだ。一人で勝負をすることはあまりない。友人や家族がテーブルを取り囲んで、ワイワイやるのが好きなんだ。一方アメリカ人は自分との勝負。マカオでセミ・セパレートなテーブルを作ったことがあったが、今ではみんな取り払ったよ!」

確かに、マカオのカジノを歩くと、一部のテーブルだけ黒山の人だかりができている一方、他のテーブルはほとんどガラガラという光景は珍しくない。「一勝負」というカジノそのものの目的は同じでも、その楽しみ方にはアメリカと中国でこんなにも違うらしい。(ラスベガス行ったことないけど。)

  • 「ソーシャル」をどう訳すか?

さて。
以前、Steve Rubelが来日したとき、ブロガーラウンドテーブルAMNさんのマーケティングセミナーにてプレゼンをやった。その際、同時通訳をお願いしたのだが、いくつかの単語を日本語でどう訳すのか、非常に悩んだ。

その中の一つが「Social」で、辞書では「社会」とか「社交」とか書いてあるけど、「ソーシャルメディア」の「ソーシャル」ってそんなに仰々しいものだっけ?じゃあTwitterでは日夜「社会的なこと」についてつぶやきあっているわけ?

「社会的なメディア」「社交的なメディア」って、う~ん、間違いじゃないにせよ、何かイメージ違うなぁ、と思っていた。

(そもそもニューヨーカーであるSteveの意味する「ソーシャル」と、オーディエンスである日本人が意味する「社交」って全然違うじゃん、とか。結局は全てのコンテキストを伝えて、文脈に応じて通訳の方に任せることにした。)

僕は言語の専門家でも何でもないし、英語の「ソーシャル」が日本語で正しく何と言うかというのはどうでも良いのだけど、「ソーシャルメディア」の「ソーシャル」の意味の解釈のズレって、所謂「ソーシャルメディア・マーケティング」をするときに結構クリティカルに響いてくることが何度もあったので、少し自分の中でもハッキリさせたいと思っていた。

  • 「ソーシャル」のためには「ソーシャルオブジェクト」が必要?

色々調べていると、”Social Objectが大事だ”ということを言っている人がいた。詳細は彼のブログを読んでもらうとして、要点だけ抜粋して訳すと、

1. “Social Object”というワードは少し分かりにくいので、ときどき”Sharing Device”という言葉を使うことにしている。

2. 「ソーシャルネットワーク」は、”Social Object”の周りに作られる。 gapingvoid – more thoughts on social objects

で、具体的にはどういうものかと言うと、

例1. あなたと友人のジョーは毎週木曜日ボーリングをやることにしている。この場合、ボーリングが”Social Object”

例2. あなたとあなたの友人のリーは、スターウオーズの大ファン。二人が会うと、いつもダース・ベイダーやX-Wing fightersの話題になる。この場合、スターウオーズが”Social Object”

例3. 仕事が終わった後、地元のバーに飲みに行った。見知らぬ男が、今まで見たことがない超カッコいい携帯でメールを送っている。気になったので、その携帯について訪ねて見ると、その男も自分の携帯が大好きなようだった。知らないもの同士であるにも関わらず、二人は店を出るまでその携帯について話をして、ビールまでご馳走してあげた。この場合、携帯が”Social Object”

例4. 好色で若い男が、彼女が欲しくてパーティーに行った。ホットな女性を見つけると、自己紹介を始める。自己紹介では、「これが今まで一夜を共にした女性のリスト。これが銀行の残高明細だ。たくさんあるだろ?さあ、ホテルに行こう」とは言わないだろ?もうすこし巧妙にやったんだ。
会話を弾ませるために、とりとめもないことを話していると、彼女が「Saul Bellow」の本が大好きだということが分かった。ハレルヤ! 「Saul Bellow」は僕も大ファンだ! その後は、「Saul Bellow」について、深く、お互い興味深い話をすることができた。結局、一緒にタクシーを捕まえて彼女の部屋に行くことができた。この場合、「Saul Bellow」が”Social Object” gapingvoid – social objects for beginners

ブログでは、もう少しフザけた例があって面白いので暇な人は是非読んでみて欲しい。
ソーシャルオブジェクトとは、複数の人間の話題の中心となるもの、興味があるもの、という意味だろうか。(社会学的な「Social」の定義とは少し違うかも知れない。)

(続く)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Posted By nshoji

5 Responses to “ソーシャルメディアの「ソーシャル」って何だ? 1”

  1. 日記書いた。「ソーシャルメディアの「ソーシャル」って何だ?」 http://bit.ly/9dLbgV

  2. これは、自分が媒介情報と呼んでた… RT @nshoji: 日記書いた。「ソーシャルメディアの「ソーシャル」って何だ?」 http://bit.ly/9dLbgV

  3. これ? http://blog.inppy.com/?p=852 検索したら1番に出てきたw RT @lero003: これは、自分が媒介情報と呼んでた… RT 日記書いた。「ソーシャルメディアの「ソーシャル」って何だ?」 http://bit.ly/9dLbgV

  4. それそれですw ちゃんと書いてないので逆に見つかると恥ずかしい RT @nshoji: これ? http://blog.inppy.com/?p=852 検索したら1番に出てきたw RT @lero003: RT http://bit.ly/9dLbgV

  5. […] *ソーシャルオブジェクトについてはコチラ […]

Leave a Reply




WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Search / 検索

Archives / アーカイブ

Comment / コメント

Category / カテゴリー